キャッシングの在籍確認について!電話連絡が不安な消費者金融

MENU

職場への電話が不安な方・・・【在籍確認】について

 
お金を借りると言うことが気軽に安心して利用することができる時代となっています。
とくに最近利用されるようになっているのが、インターネットによるキャッシングサービスで、ここではたくさんのメリットがあります。

消費者金融を利用しやすくなったといっても、やはり、周囲にバレずに利用したいという考えを持ちの方はまだまだいらっしゃいます。

そんな方は、どんなところを不安と考えているのでしょうか?

最も意見が多いのは、職場に確認の電話がかかってくる【在籍確認】です。不安だという理由は職場にかかる電話で、消費者金融を利用しているのが周囲にバレるということです。

では、【在籍確認】とはなんでしょうか?
消費者金融ではご利用者に融資する際に、最も優先しているのが勤務先の情報です。実際にいくらの融資ができるか、そもそも融資が可能かどうか、それはすべて返済能力によるところが大きいです。
返済能力とは?
消費者金融はご利用者の月々の収入を重視します。これが返済能力です。一時的なお金の収入では厳しいです。毎月一定の収入が見込める仕事に就いていれば、毎月の返済は問題ないはずです。
【在籍確認】の方法は?
申込み時に入力(記入)したお客様情報では、勤務先の住所や電話番号、勤続年数や、年収まで必要ですが、それらが正しいかどうかを確認する必要があるんです。社会保険や直近の給与明細、または社員証などを提示することでその会社に在籍しているかを確認することができますが、最も確実でほとんどの消費者金融が実施しているのが電話での直接確認です。
電話確認の方法は?
申込みをした方に了承を得てから、勤務先に電話をかけます。その際に、消費者金融を名乗ることは決してありません。電話をかける担当者の個人名でかけます。そして、「○○さんはいらっしゃいますか?」たったこれだけです。「ただいま席を外しております」もしくは「本日はお休みをいただいております」こういった返事が返ってくれば、在籍確認の審査は完了です。
在籍確認を避ける方法はないんでしょうか?
審査として在籍確認は必ずあります。消費者金融としてはお客様の返済能力が最重要事項ですから、確認が取れる勤務先が存在するかを確かめるのは必然です。虚偽の申請をされる方がいたための審査方法です。無職の方は返済能力がゼロですので借入れはできません。
では、職場への電話確認は避けられない?
電話確認以外の社員証、直近の給与明細の提示でも在籍確認が取れる場合があります。職場の状況などを説明する必要があります。これは審査の内容によるところが大きいので、すべての方がそうではありませんが、電話以外の必要書類の提出で証明になります。インターネットで送ることで、時間はかなりの短縮になります。

以上が【在籍確認】についてになります。
お金を借りると言うことを職場の人に知られたくないという人はたくさんいます。まずは消費者金融の担当の方に相談してみるのが良いです。