在籍確認の電話について

MENU

在籍確認の電話の内容とは?

 

在籍確認の電話について紹介していきます。

消費者金融などでキャッシングやカードローンなどを申し込みすると、借り入れ審査が行われます。

その中の1つとして、勤務先へ電話連絡によって在籍を確認する審査があります。この目的は、本当にその会社で勤務してるのか?支払い能力はあるのか?などを審査されるのです。

 

つまり、職場できちんと働いていて、毎月安定した収入があることが確認できれば、必ずしも電話じゃなくても審査ができるのです。

 

在籍確認の電話の内容としては、消費者金融の担当者の個人名を名乗って、職場へ電話をします。

所要時間としては、ものの2〜3分です。聞かれることも、住所や申し込みの意思確認などのみですので、「はい」で済む内容です。

 

もし、この電話連絡の際に自分が不在でも、電話を受けた同僚などに「○○はただいま席をはずしております」と言ってもらえるだけで、在籍確認審査=OKとなります。なので、会話をしたくない方はわざと居留守を使うのも手かもしれません。

 

しかし、同僚にはばれてしまいそうですよね・・・

そう考えるとやはり一番いいのは、電話以外で在籍確認の審査を完了させることがおすすめです。電話のかわりになるのは、社員証や社会保険書などです。

 

これらの書類を写メやFAXすればOKだからカンタンです。もちろん、自営業、アルバイト、パート、内職などでも電話なしにできますし、主婦や学生や年金受給者でもなにかしらの収入がきちんとあればカードローンができます。

 

在籍確認の電話は時間指定できるのでしょうか?

会社への電話の時間を指定することが可能です。また、営業などで不在のことが多い方の場合は、電話に同僚の方が出て不在であることを伝えるだけでも在籍確認が完了となり、審査はパスできますのでご参考まで。

 

最近はやはり在籍確認の電話なしで借りたい方が増えてきていますので、遠慮なく消費者金融側にそう伝えましょう。

会社に電話がくると都合が悪い旨を伝えるだけで電話以外で在籍確認ができるようにスムーズに進めてくれます。